Morinoko blog

Morinoko blog

ニューヨークとベルリンで働くデザイナーのブログ

京都で悪ノリ「鴨川ホルモー」の感想

ちょっと古い映画ですが「鴨川ホルモー」を観ました。 

 

f:id:morinokmichi:20170922160747j:plain

 

昔、「鹿男あをによし」というフジテレビのドラマが好きでした。 

すっかりハマって原作本を買い、更にはラッキーな偶然が重なってフジテレビまで撮影のセット見学に行く機会に恵まれました。

出演者の綾瀬はるかさんや佐々木蔵之介をお見かけすることもでき、色々と思い出深い作品です。

 

そのドラマと同じ万城目 学さん原作の映画が「鴨川ホルモー」です。

万城目 学さん原作だと他には「プリンセス・トヨトミ」も映画になっていますね。

彼の作品の特徴は、歴史と古都とファンタジーを組み合わせて作ったなんだかちょっと胡散臭い雰囲気です。

悪い意味ではなく、なんとも味わい深い胡散臭さで、話が終わる頃にはその世界観とお別れしたくなくなります。笑

鹿男あをによしで」は奈良、「プリンセス・トヨトミ」では大阪でしたがこの作品の舞台は京都です。

 

京の都の東西南北は大学(京都産業大学龍谷大学立命館大学京都大学)によって守られていて、神々に奉納するホルモーという年間を通じて行う競技をそれぞれの大学の秘密のサークルが代々続けているというお話。

 

その競技というのがオニと呼ばれる式神を珍妙なジェスチャーとオニ語で操って戦わせるとというポケモンバトルのようなモノ。

このジェスチャーとオニ語が異常にカッコ悪い珍妙なものなので、真剣に戦ってるのに見た目はバカバカしいという面白い絵面を作ってます。笑

全体的にはイマイチ盛り上がりに欠ける残念な感じでしたが、京都を駆け回って戦う様はなかなか楽しかった!

 

オニのCGは「ブレイブストーリー」などのアニメーションで有名なGONZOが作ってたらしく、結構よくできてます。

オニ達のデザインがそれぞれ凝ってるので、沢山のオニが出てきてもどっちのチームかとか誰が操ってるのかもすぐ分かります。

勉強になるわ!

 

ビールを片手に友達と色々言い合いながらのんびり観るのが良い感じ。

 

オススメ度⭐️⭐️

町おこしを描いた異色アニメ「サクラクエスト」

アマゾンプライムで春から2クール観ていたサクラクエストが遂に最終回を迎えた。

 

sakura-quest.com

 

「女の子が国王に就任する」というあらすじとタイトルからファンタジーもののとんでも設定なアニメなのかと思って、一話目だけ観てみるか程度の気分で見始めたのですが、これが全然違ってとても良い作品でした。

むしろ話は、ファンタジー色ゼロ、実に地味な作風だが、しかし現代社会の問題を提起する興味深い作品でした。

 

「女の子が国王に就任する」ではちょっとあらすじとして不十分なので、もう少し詳しいあらすじを描くと、

これは新卒の女の子が田舎のミニ独立国の国王として就職、そして町おこしに奮闘する物語です。

 

ミニ独立国とは

さてミニ独立国とは何でしょうか?80年代生まれの私はまったく聞いたこともない言葉でした。

 

これは80年代に日本国内において地域振興自然保護運動の手段としてブームとなった活動らしい。地方に独立国を『建国』し、広く宣伝するする活動だったようです。

ミニ独立国 - Wikipedia

 

今でいう「ゆるキャラ」でしょうかね?

 

80年代にはたくさんあったミニ独立国ですが、乱立後、あっという間に衰退、現在ではほとんど存在しないそうです。

 

というわけで、「女の子が国王として就任する」というファンタジーかと思っていたあらすじも、全然そんなことなかったんですね。

感覚としては一日警察署長をタレントがするみたいなあんな感じ。

1話目で、これが現実にあり得る話なんだと知って、すっかり私は引き込まれました。

 

f:id:morinokmichi:20170921155717j:plain

 

田舎の抱える、解決できない問題

といっても主人公のヨシノは、人気のある女優というわけでもなく、ちょっと読モをした事がある程度の一般人。

町で知り合った同年代の女の子4人とともに、一軒家に住み込み、アイデアを振り絞って町おこしに取り組んでいきます。

 

たくさんの地方問題が描かれます。

 

 

独居老人達の限界集落

大型スーパーの影響、そして住民の高齢化による商店街の衰退

バス路線の廃止

少子化による廃校

 

都会に住むものには想像もできませんね。これらの問題が簡単に解決できることではないということも丁寧に描かれます。

 

前半、町を外部に知ってもらう活動

ヨシノは巻き込まれ型主人公で最初は受け身で投げやりですが、だんだんその才能を発揮し、ユニークなアイデアと周りを巻き込む力で実行していきます。

前半の物語では外部の人を町へ呼ぶための宣伝として

 

C級グルメフェス

伝統工芸の宣伝

映画のロケ地としての誘致

村に住む独身男性のための出会いとして婚活ツアー

有名バンドによるライブ

 

などなど様々なことを考え、実行に移していきます。。

 

こういう活動はニュースとかで観ますよね。バックグラウンドには地方の思いがあるのかと思うととても興味深かったです。

 

たしかに、私も町の宣伝のためなら外部に知ってもらい、観光客が増えるのが一番な気がしました。

町を気に入って移住してくれるかもしれないし。

 

でもまあ、これらの活動で劇的に町が変わったりはしませんでした。

 

一時的にたくさんの人が来てくれたりはしましたが、イベント時以外はまた元に戻ってしまうのです。

そりゃそうですよね。仕事もあるし移住は簡単にはできません。。

 

徹底して地味というか、都合の良い展開に全然持っていかないんですね。

どんどん成功したでは、地方都市の問題提起にはならないし、リアルでとても良いと思いました。

 

そして後半へ、町を一つに

そして、ヨシノ達は気づくのです、地域活性化に本当に必要なのは、住人の意識が変わること、なにより彼らに町を愛してもらうこと。

 

後半は外部ではなく町の内部へと、視点を映し、活動していきます。

 

そして、今まで見えてこなかったことが見えてきます。

 

この町を愛し、移住してきた民俗学者や、様々なユニークな人たちとの出会い

忘れられてしまった歴史や文化

住民が抱いている様々な思い、町を活性化させようという思いを持って人はたくさんいたということ

 

物語は遠い昔に失われてしまった民話とお祭りを復活させるところでクライマックスを迎えます。

お祭りが盛り上がったからと言って、問題が全て片付き、簡単に変わるわけではありません。

それは登場人物たちによっても語られます。

 

ですが、これからの物語は町人たち自身で作っていくんだという意思と、新たなスタートを感じさせるとても良い締めくくりでした。

 


 

私自身、名古屋から東京に出てきたこともあり、田舎に帰るUターンやIターンは格好悪いと思い込んでいましたが、そんな選択肢も良いなと思わせてくれる作品でした。

 

最後まで地味な作風でしたが、主人公ヨシノのピンクの髪の毛だけは派手だったなぁ(笑) 

 

 

 

さっそくLINEスタンプを再申請した

先日申請したLINEスタンプ

morinokmichi.hatenablog.com

 

色々と問題があったので、さっそく再申請となりました。

f:id:morinokmichi:20170920153238p:plain

がっくり

 

なにが問題だったかというと、売上金の振込先設定がPaypalしか選べなくなっていたこと。paypalを使えないことはないけど、銀行振込をどちらかというと使いたい。

まあ、そんなに売れるとは思っていませんけどね。。

 

私のLINEクリエーターズマーケットのアカウントは何年も前に作ったのですが、その際に居住国をUnited Statesに設定したのがいけなかった。

銀行振込にして欲しい場合は居住国が日本である必要があります。

 

もう一つは事業形態が法人で登録してしまってあったこと。

 

お問い合わせフォームがない。。

アカウント設定のページを編集して、居住国設定と事業形態を変えようとしたのだが、やり方がまったくわかりません。

FAQにも私の疑問については載ってない。。

 

これは問い合わせするしか無いと思って、フォームを探したのですが、自力では見つかりませんでした。

直接はやり取りしたくないのか、問い合わせフォームがわかならいとこ、最近増えましたよね?

 

ネットで検索したりして、やっとこさ見つけました。

contact.line.me

1番目の選択肢「問題発生機器」は「iPhone」とか適当なのを選び、2番目の選択肢「サービス」で、「LINE Creators Market」を選んで連絡すればOK。

 

返事は次の日にすぐ来ました。

 

LINEからの返事

【1】居住国について
誠に恐れ入りますが、アカウント登録情報「居住国」の修正は行えません。

そのため、再度LINE Creators Marketに正しい居住国で新規登録をしていただく必要があります。
※既に申請いただいたスタンプがある場合は、再度新規パッケージとして申請いただく必要があります

【2】事業形態について
誠に恐れ入りますが、アカウント登録情報「事業形態」の修正は行えません。

そのため、再度LINE Creators Marketに正しい事業形態で新規登録をしていただく他に方法がございません。

恐れ入りますが、マイページ内のQ&A「LINE Creators Marketを退会するにはどうすればいいですか?」よりLINE Creators Marketの退会手続きをお願い申し上げます。
※LINEアカウントの削除は必要ありません。

退会完了後、再度LINE Creators Marketに正しい事業形態で新規登録を行っていただけますようお願い申し上げます。
※既に申請いただいたアイテムがある場合は、再度新規パッケージとして申請いただく必要があります。

 

げげっ。アカウントもスタンプも作り直しかよ。。

またあの地獄のタグ設定が。。

 

ちょっと心が折れそうになりましたが、アカウント作り直し、やりました。

1. 登録してあった内容をスクリーンショットで撮って保存

2. アカウント削除

3. 新規アカウント作成

4. 登録過程で、正しい居住国、事業形態を設定

5. スタンプ画像をアップロードし、1で撮ったスクリーンショットを見ながらタグを再設定。

 

4-50分くらいかかったかな。

 

めんどくさかった。

販売開始後に後から直すのはもっと面倒くさいので、早めに気づけてよかった。。

戦争を生き延びた祖父達と名古屋の広い道路

僕の出身地、名古屋には片側5車線ともいわれる凄く幅の広い道路が走っている。
 
トヨタのお膝元で自動車の街というのもあるが、それは第二次世界大戦時に名古屋が焼け野原になった際、まるっと都市計画をし直したからだと祖父から小さい頃に聞いた。
 

私の祖父は戦争の時代に生まれたが、運良く父方の方も母方の方も出征しなくてすんだ。

父方の祖父は生まれつき足が悪く上手く歩けなかった。母方の祖父は肺炎で生死の境を彷徨っていたからだ。
身体の不調ゆえに生き残れたというのは皮肉である。
 
身体が弱かったのは僕の祖父達だけの特別な運命とか奇跡のように聞こえるが、おそらく現在のどの家庭でも戦時中に生きていた先祖にはそういった奇跡が起こっていたのだろう。
そうでなければ、あの戦争を生き残れるとは思えない。
 
両方とも戦後、事業を興し、身体に問題があったとは思えないほどパワフルに人生を生き、自動車関係の事業を行い、名古屋の復興を支えた。
ちょっとエキセントリックなところがあって周りに迷惑をかけたこともあったらしいが、その力強く生きた姿を誇りに僕は思っている。
 
名古屋の広い道路を走る沢山の自動車を見る度に、戦争と祖父達を僕は思う。

西新宿の「博多鶏そば 華味鳥三井ビル店」

 

妻が西新宿の病院に入院しているので、最近は見舞いに行っています。

海外のチームと仕事をしているので、日本にいる時は夜、家からリモートで仕事をしています。朝四時くらいまで働く感じですが、見舞いに行けるので助かっています。

 

西新宿はラーメン激戦区なので、今日は見舞いがてら近所のラーメン屋に行ってみました。

 

西新宿の「博多鶏そば 華味鳥三井ビル店」が食べログで高評価だったのでそこへ。

アドレスによると、三井ビルの地下一階ということだったのですが、このビルの構造がなんか複雑で一階だと思ってたら二階だったりして、ちょっとうろうろ迷った末に到着しました。

同じビルの中に本店の水炊き屋さんが入っているので、間違えないようご注意を。鶏そばの店は別店舗となっています。

 f:id:morinokmichi:20170918155523j:plain

 

一時半過ぎに行ったので、お店はもう空いていました。

メニューを見ると担々麺、水炊きラーメン、白湯ラーメン、味噌ラーメンと何種類か合ったので、店員さんにオススメを聞き、白湯ラーメンを注文しました。

すると、、

 

f:id:morinokmichi:20170918155546j:plain

 

一分とたたないうちにラーメンが出てきました。早い!!

上品な見た目のラーメン。ランチタイムはラーメンと一緒に俵ご飯がついてきます。最後に残ったスープをかけていただくらしい。

 

ラーメンを一口すすると、、う!これは美味い!!

鶏のだしの染み込んだパイタンスープは、ポタージュスープのようにとても濃厚でほんのり甘い。少し縮れた麺にスープがほどよく絡むのて、一すすりごとに味が口の中に広がります。

チャーシューもこれまた絶品で、味がしっかり染み込んでおり、白い外見とは裏腹に噛む度に旨味が染み出します。

 

あまりにも美味しいく、早く味わいたい衝動で、箸で麺を口に運ぶ時間すらもどかしかった。(笑)

 

 

最後の〆に俵ご飯にスープをかけて食べると、これまた美味い!!鳥のだしのスープなので、とんこつラーメンご飯のジャンクさとは違う、上品な雑炊の味わい!

炭水化物を減らすダイエットをしていたことも忘れ、サラサラいけてしまいました。

 

きっともう一度来ます!

久しぶりにLINEスタンプを申請したら仕様がちょっと変わってた。

息子がとっても可愛い。

なので、彼をモチーフに最近ちまちまイラストを描いてLINEスタンプを申請しました。

f:id:morinokmichi:20170917232141p:plain

こんな感じ

LINEクリエーターズスタンプのサービスがリリースされた当初、2014年7月くらいに作った以来。

あれからもう3年以上たっているのか!?

時が経つのは早いものだ。

 

申請はこれで2回目ですが、 

1回目は会社のスタンプとして作ったので、個人として出すのは今回が初です。

 

レビュー申請してみたら、当たり前ですがこの3年で仕様が色々と変わっていました。

 

1. スタンプの数が40個なくても良い

以前の仕様だと、絶対40枚のスタンプ画像が無いといけなかったのですが、緩和されたようです。

 

8個/16個/24個/32個/40個から好きな枚数を選びます。

40枚のスタンプ画像を作るのはかなり大変ですからね。。気軽に使ってもらえるために良い変更だと思います。

 

この変更を知らなかったので、今回も私は40枚スタンプ画像を作ってしまいました。

知ってたらもう少し減らしてたかな?

f:id:morinokmichi:20170917234203p:plain

40枚作るのは描くのもネタ探しも大変


でもまあ人気のスタンプはだいたい40枚スタンプがあるようでした。

 

アニメーションスタンプは作るのに手間がかかるので、少ない枚数でも良いのは助かりますね!

次回は挑戦してみようかな。

 

2. タグの設定ができる。

どうもタグ設定機能は9/12に追加されたばかりの新しい機能のようです。

 

LINEでチャットメッセージを打つ時に特定の言葉、例えば「ありがとう」を入力するとオススメのスタンプ画像が表示されますよね?(サジェスト表示というそう)

購入済みのもそうでないスタンプもオススメに出てきます。

 

現在はLINEオフィシャルのスタンプのみ表示されますが、10月位からこの機能にクリエーターズスタンプも表示されるそうです。

設定したタグを入力語と紐付けて表示するそう。

 

1つのスタンプに付き3つのタグを設定できるので、今回は40x3=120個のタグを設定しました。

地味に面倒くさい作業でした。。

f:id:morinokmichi:20170917233330p:plain

Command+Fの検索が役に立ちました

 

スタンプ宣伝のチャンスが増えると思えば、やりますとも!ですけどね。

Command + Fの検索機能でタグ探しを少し短縮できます。
 

3. 審査期間の短縮

以前は審査に3ヶ月くらいかかっていて、忘れた頃に審査されてたのですが、これが短縮された模様。1週間くらいで見てもらえるみたい。

その代わり、販売時のクリエーターへの手数料が減ったそうな。。

 


 

無事審査が通ると良いのですが。。

ショップで販売できる日が待ち遠しいです!!

土曜朝4時の渋谷はカオス

金曜の仕事が土曜の朝3時頃に終わった。

 

月末にイベントをやる予定の渋谷のバーがあるのだが、忙しくて下見がまだできていなかった。

バーは朝5時まで開店しているので、まだ眠くもなかったし自転車で夜中に行ってみた。

 

渋谷についたのは朝4時頃。

渋谷直前までは静かな住宅街という感じでのんびり走っていたのだが、Bunkamura辺りの角を曲がった途端、突然私の自転車は酔っ払いゾーンに突入した。

 

いるわいるわ、大量の酔っぱらいが道路両側の地面に座り込み、ワイワイガヤガヤしている。叫んでる人もいた。外国人の方も結構いる。

ベンチや歩道には酒瓶が転がっていた。お祭りの日でもないのに渋谷はさすがである。

 

若干ビビりながらもバーを下見し、停めてあった自転車にまた乗ろうとすると、酔っ払いに絡まれた。

 

「俺も乗せてってくれよぉー!」

 

というその男は20代後半くらい。

私はあまり酔っ払いに慣れていないこともあり、かなりびびった!

なんて返したら良いのか、、言葉も出てこない。

さらには、サドルに勝手に座ろうとしてくる!

適当にしどろもどろな受け答えをして、なんとか振り切り、私は再出発に成功した。

 

その後も酔っ払いの女の人に

 

「こんなに人がいるとこに、自転車で来んじゃねー!」

 

と叫ばれたり、色んな目にあった。

 

渋谷にはいくつも24時間営業のラーメン屋があった。

色々ショックだったので、心を癒やすためにラーメンを一杯食ってから帰った。

深夜のラーメンは美味かった。

f:id:morinokmichi:20170916235633j:plain

 

私が今までに知ってる渋谷はせいぜい終電前まで。

終電後の渋谷がこんなディープなことになってるとは知らなかった。

イタリアでナポリを訪ねたときを思い出した。

痛い目に遭わなくてよかった。。

 

ちょっと気になったのは、1歳にも満たない赤子を連れ、センター街の酔っぱらいの中を歩いていた若夫婦。

赤ちゃん、かわいそうですよ。。

 

そしてあのゴミだらけの街をどうやって片付けるのか?ということであった。